やまきたのつどい

やまきたのつどいについて

山城北圏域地域リハビリテーション支援センター
京都岡本記念病院 田後裕之

平素は山城北圏域リハビリテーション支援センター事業に、ご理解ご協力賜りありがとうございます。

当支援センター事業として開催している介護施設従事者連絡会(通称:やまきたのつどい)は、「相互理解」を基盤に「垣根のない顔の見える関係づくり」「共通言語・共通指標」「相互相談機能」を深めていくことで、地域包括ケアシステムの構築にむけた「有機的ネットワーク」を推進し、地域住民の自立支援、介護予防、実生活の充実につなげ、『今に寄り添う』だけでなく『利用者・家族に未来と未来への希望を提示できる仲間を拡げる』場としていくことを目的としています。

※有機的…一見、ばらばら&部分部分が実は深く関連し合っていることによって、全体が成り立っている様子

2017年度は、昨年までの成果、課題、ご参加いただいた皆様からのご意見を踏まえ

  1. 業務に還元できる、魅力ある、有意義な「地元の集まり」へ向けた準備(=事務局機能強化)
  2. 「目標の明文化」「年間計画の作成」

に取り組みます。

2017年度 やまきたのつどいは「リハ職間のつどい」「多(他)職種とのつどい」
(当面は介護支援専門員→介護職員、看護師、薬剤師にも拡げていきます)を分化(二本柱)して開催します。

1 リハ職つどい

【中期(2~3年)目標】

『活動地域(市町村Level)での「つどい*」が気軽に行えるようになる』
(※情報、知識、技術の発信・共有、困りごと相談の場)

【今年度目標】

『循環的なつながりをつくる(医療サービスと在宅サービスをつなぐ)』

2 他(多)職種のつどい

【中期目標】

『介護支援専門員、看護、歯科、薬剤、介福、医師等より「気づき」「情報」を気軽に得られる関係構築』

  • 各市町に、医療、在宅関係なく、サービスに関わる人が集まれる場所ができる
  • 各職能団体のあつまりに相互に参加できるような関係ができる

『他(多)職種との共通言語・共通指標の構築』

【今年度目標】

(前回つどいの課題も踏まえ)『介護支援専門員との共通言語・指標を深める』。

  • 共通言語を増やす(ICF、できるADL、活動と参加、自立支援、介護予防など)

年間計画・実施内容

開催日:奇数月の第三水曜日 19:00~21:00 を基本とします。(場所:岡本記念病院 他)

「リハ職間のつどい」

2017年 5月17日 テーマ:入退院リハビリテーション職連携について
2017年 9月20日 テーマ:5月の研修をふまえた事例報告(医療・生活期両側面から)
2018年 1月17日 テーマ:医療・介護同時改訂にむけて

「多(他)職種とのつどい」

2017年 7月19日 テーマ:自立支援を見据えたICFの理解
2017年 11月15日 テーマ(予定):自立支援、介護予防にむけた取り組み

やまきたのつどい 目指すもの

やまきたのつどい少子高齢化、肩車社会を迎える近未来において、「住み慣れた地域で」「自分らしい暮らしを」「人生の最後まで続けることができるよう」「住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される」『地域包括ケアシステム』の構築が進められています。

地域包括ケアシステムは、画一的な仕組みでなく、地域によって様々である課題や問題点を解決していく小さな動きの一歩です。そのため、システム構築には、お互いを知り、よりよい連携をしていくことが必要不可欠です。

2014年度、山城北圏域地域リハビリテーション支援センター事業の一つとして、介護施設従事者交流会(=通称 やまきたのつどい)を開催しました。

同じ圏域内で従事しながらも、個々が「点」での活動となってしまうことで、同じ指標・目標(例:ケアプラン)であるはずが、包括的・継続的な関わりとならず結果的に、利用者にとっても総合的なサービス提供につながらなくなってしまっています。

やまきたのつどいは、「お互いを知り理解する」ことを基盤に「垣根のない顔の見える関係」「共通言語・共通指標」による連携を徐々に拡げていく事で地域(街)において「機能的ネットワーク」を構築していくことを目的としています。ゆくゆくは街全体の資源の共有と有効・相乗活用(=1+1が2以上になる)により地域住民(利用者・ご家族・支援者)の生活、充実につながることを目指しています。(それがそれぞれの地域での包括ケア体制に還元されるとも考えています)

「気軽に集える場」の思いをこめて『やまきたのつどい』と命名しました。

お気軽にご参加いただければ幸いです。

今後の方向性について

支援センター事業のひとつとして開催している介護施設従事者連絡会(通称:やまきたのつどい)は、「相互理解」を基盤に「垣根のない顔の見える関係づくり」「共通言語・共通指標」を深めていことで、地域包括ケアシステムの構築にむけた「機能的ネットワーク」を推進し、ゆくゆくは地域住民の生活・充実につなげていことを目的としています。

これまでに9回開催してきましたが「有意義な集まりである」「業務に還元できた」という声と同時に、回数を重ねるにつれ、「魅力のあるよりよいつどいにしてくためには…」といった「今後の方向性」についてのご意見もいただきました。

今回、いただいたご意見やこれまでのつどい内容を踏まえ、事務局でこれまで検討を繰り返しました。正直、事務局内でも様々な思いや意見がありました。その上で、今後のつどいの基本方針を以下ように致しました。

ありたい姿

  • 様々な職種が気兼ねなく意見が言い合え、現実の業務として必要なことを深めていける場
  • 個々の業務につなげるための企画を実現する自由な(地元)地域のつどいの場

活動方針

  • 多職種間の「相互理解」「顔の見える関係つくり」「共通言語・共通指標」を深める場とする
  • 顔合わせの集まりだけでなく、時に目的・テーマ・対象を絞り、より掘下げた内容で開催する
  • 内容は、基本的にGW中心とするが、その時により、検討し選択する
  • 全体の集まりとしての開催頻度は、3〜4ヶ月に一回、平日夜の開催を基本する
    (その間に、分科会的に開催することもある)

回数を重ねていく中で、皆様からたくさんの意見をいただきました。事務局として、やまきたのつどいは「一方的で画一的な場」とは考えておりません。皆様と一緒に、やまきたのつどいで勉強し、地域を盛り上げていくことができればと考えております。

最後に事務局よりお願いしたいことがあます。単なる顔合わせだけに終らない、具体的な次の一歩へのヒントが得られるつどいとなるよう、一緒につどいを育ててください。様々な企画の提案、大歓迎です。事務局への参画も大歓迎です。ご理解・協力の程、よろしくお願い致します。

やまきたのつどい 経緯

「相互理解」「尊重」を基盤に「垣根のない顔の見える関係づくり」「共通言語・共通指標」「相互相談機能」を深めていくことで、地域包括ケアシステムの構築にむけた「有機的ネットワーク」を推進し、地域住民の自立支援、介護予防、実生活の充実へつなげていく。

利用者・家族に対し、「個々の思いを大切に」「今の暮らしに寄り添い」「今の暮らしにゆとりと彩りを添え」「未来への安心にむけた提示と希望に寄り添える」仲間を拡げる場となる。

※有機的…一見、ばらばら&部分部分が実は深く関連し合っていることによって、全体が成り立っている様子

H26年度

つどい発足

在宅・介護分野
リハ職間交流

「顔のみえる関係」

第1回 H27/3/23

「地域の中でのリハ職の役割と課題をざっくばらんに意見交換」

H27年度

リハ職間⇒他(多)職種交流
「顔の見える関係」
「相互理解」

第2回 H27/7/24

「他(多)職種連携について語ろう」

第3回 H27/11/10

「リハ&ケアマネ連携について語ろう」

第4回 H28/1/26

「ケアマネジメントとリハビリテーション」
〜相互理解・適切な目標設定・目標達成のために〜

H28年度

「顔の見える関係」
「相互理解」
「実務への還元」

第5回 H28/4/23

「よりよい事業所連携にむけて」
~担当者会議を通じて~

第6回 H28/7/26

「通所系サービスの役割って何でしょう?!」
~生活改善につながる視点と取り組み~

第7回 H28/12/14

「目標指向的な取り組みに向けて」
~どうケアプランを立案・活用してますか?~

H29年度

「顔の見える関係」
「相互理解」
「実務への還元」
「地元のつどいの場(相談、意見交換、他)」の基盤強化=事務局機能強化、計画化

第8回 H29/5/17(リハ職連携)

「入退院時連携」

第9回 H29/7/19(多職種連携)

「自立支援を見据えたICFの理解」

第10回 H29/9/20(リハ職連携)

5月をふまえた事例報告

第11回 H29/11/15(多職種連携)

「自立支援・介護予防へむけた取り組み(予定)」

第12回 H30/1/17(リハ職連携)

「医療・介護同時改定にむけて」